仙台・話題の現場
 変化の激しい最近の仙台で、話題になっている場所やマスコミで報道された現場を実際に行ってレポートします。

REPORT 397
梅雨の晴れ間の青葉通を行く・その2
撮影2017年7月上旬
 
前回に続いて、一番町交差点から西へ青葉通を歩いて見ていきます。
この下には地下鉄青葉通一番町駅があり、駅の建設に伴って歩道の再整備工事が行われました。



 
歩道が拡幅されて地下には駐輪場も作られました。
工事のため伐採された、歩道と中央分離帯のケヤキ並木も新たに若木が植えられました。



 
晩翠通交差点の南東角にあった第2ナカノビルは解体工事が進み、
古いビルが何も見えなくなっていました。現在は地下構造物の撤去作業中でしょうか。



 
現場に新しいビルの建築計画のお知らせが掲示されていました。
NF青葉という名称で地上9階建ての店舗、事務所付の戸数42戸の共同住宅になるようで、
完成は来年8月の予定だそうです。



 
青葉通を更に西へ進み、地下鉄大町西公園駅近くまでやって来ました。
このあたりも地下鉄工事のため、ケヤキ並木が伐採された場所ですが、
新しいケヤキが植樹されて、中央分離帯の並木が復活していました。



 
一見、昔の状態に戻ったように感じましたが、よく見ると新しく植えられた木は
まだ細く、昔からの木と比べると頼りなく見えますね。
以前のような大木に成長するのは何十年後でしょうか。



 
大町西公園駅の東側出入り口の隣接地、旧ヤナセ東北跡地に建設中なのが、
三井不動産レジデンシャルの「パークホームズ仙台大町ザ・レジデンシャル」です。
現在は5階位まで組み上がって来ているようでした。



 
西公園側から撮影。
地上15階建て、総戸数91戸で来年7月に竣工予定です。



 
西公園交番の西側は、地下鉄工事に伴う公園の再整備工事が終了していました。
工事のため桜の木が伐採されて、広い芝生の広場になっていました。



 
仙台市天文台があった場所も広場になっていました。



 
ちょうど、その崖下から地下鉄が地上に出て広瀬川を渡り、国際センター駅へ至ります。



 
源吾茶屋の裏手には、昔の天文台前にあった日時計が綺麗に色が塗り直されて再設置されました。



 
以前とは違って、広々とした雰囲気に変わった西公園の南側は
散歩などで訪れる人が増えそうですね。








 おすすめの関連記事 
REPORT 16  REPORT 61  REPORT 256 REPORT 272
このページの最初へ
前のREPORTへ 話題の現場TOP 次のREPORTへ




SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO