仙台・話題の現場
 変化の激しい最近の仙台で、話題になっている場所やマスコミで報道された現場を実際に行ってレポートします。

REPORT 362
仙台城から見た仙台市街、14年間の変遷
撮影2016年10月、2002年3月
 
仙台城址から見た仙台市街の変化を、2002年3月に撮影した写真と、
今回ほぼ同じアングルで撮影した写真とで比較しながら見ていきたいと思います。


 



2002年にはSS30しかなかった五橋地区の高層ビルが、14年間で一気に増えました。
SS30の手前には東北一の高層ビル、仙台トラストタワーが圧倒的な存在感で聳え立ち、
SS30の南側には100m級の高層マンション群が生まれました。







仙台駅方面です。
仙台駅から仙台城へと一直線に続く青葉通沿いにも高層ビルが立ち並び、
一本だけ目立っていた駅前の高層ビル、アエルがビル群の中から頭を出している状態になりました。
2002年に存在していたNTTの鉄塔は昨年、役目を終えて撤去されました。







2006年に完成したライオンズタワー仙台大手町は、仙台城址の一番近くに立っているので、とても目立っています。
その左側、タワービルの左には建設中のNHK新仙台放送会館の鉄塔が見えていますね。




 



勾当台公園周辺です。
2002年には高い建物が宮城県庁しかありませんでしたが、県庁の背後にNTTドコモの高層ビルが建てられ、
県庁の南側には、県庁と似たようなデザインと大きさの新しい仙台合同庁舎が完成しました。
写真の左側には高層マンションも相次いで建てられました。







北仙台方面です。2002年には高層マンションがパークタワー台原の一本だけでしたが、
北仙台周辺に数本の高層マンションが出来ました。14階前後のマンションも増えていますね。







仙台城の北側方面です。2002年当時、建設工事中だったライオンズタワー仙台広瀬が目立っています。
写真右側の東北大学病院は西棟が先に完成し、その後、東棟を建設するという分割方式で完成しました。
2002年には、まだ西棟しかありませんでした。
こうして比較してみると、仙台の街の発展具合がよくわかりますね。
それと同時にデジカメの性能も、色の再現や解像度等々、14年間で随分進歩したなと感じました。

2002年と2016年の比較パノラマ写真もUPしたので、こちらのほうもご覧ください。

仙台城址から見た仙台市街パノラマ写真、14年間の変遷 2002〜2016パノラマ写真

仙台城址から見た仙台市街パノラマ写真、2016年版








このページの最初へ
前のREPORTへ 話題の現場TOP 次のREPORTへ



SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO