仙台・話題の現場
 変化の激しい最近の仙台で、話題になっている場所やマスコミで報道された現場を実際に行ってレポートします。

REPORT 348
仙台駅北部ペデストリアンデッキ架け替え工事の最新状況
撮影2016年7月下旬
 
広瀬通と駅前通の交差点で進行中の、ペデストリアンデッキ架け替え工事の状況を見てきました。



 
前に見た時は工事が始まったばかりで、古いペデストリアンデッキが残っていましたが、
この1ヵ月の間に仙台駅前の高層ビル、アエルの北側から伸びていたデッキ部分が撤去されました。



 
広瀬通を跨ぐ箇所も撤去されていて、架け替えられるデッキ部分は完全に無くなっていました。



 
今回のペデストリアンデッキ架け替え工事は、宮城野橋(X橋)の架け替え工事と同時進行で行われています。



 
当分の間、アエルから花京院方面へ行くには地上の横断歩道を利用することになります。



 
宮城野橋(X橋)側から見てみました。今回の一連の工事と共に画面奥の広瀬通の銀杏並木を撤去して
車線を増やす計画ですが、市民の反対意見などがあって、まだ並木の撤去工事は始まっていません。



 
花京院側には、デッキに繋がっていた階段とエレベーターが残されていましたが、
このまま新しいデッキにも使用されるのでしょうか。



 
大塚家具と接続されているデッキ部分も残されていましたが、この部分も、このまま使用するようです。



 
アエル側にあった階段はデッキと共に撤去されました。



 
アエルの2階アトリウムの出入り口では、ペデストリアンデッキが接続されていた部分で何やら作業中でした。
新しいデッキも、ここに接続されるのでしょうね。



 
アエル2階アトリウムの中から北側出入り口を見てみました。当然、通行止になっています。



 
来年3月末頃には、ここから新しいペデストリアンデッキに出られるようになる予定です。



 
一方、仙台駅の西側と東側を跨ぐ陸橋、宮城野橋(X橋)の架け替え工事は、
西側の橋脚を作っているところでした。新しい宮城野橋も来年には姿を現しそうです。








このページの最初へ
前のREPORTへ 話題の現場TOP 次のREPORTへ



SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO