仙台・話題の現場
 変化の激しい最近の仙台で、話題になっている場所やマスコミで報道された現場を実際に行ってレポートします。

REPORT 333
NHK新仙台放送会館の建設現場
撮影2016年3月下旬
 
錦町公園の北西側、ホテル仙台プラザ跡地で建設工事が進む「NHK新仙台放送会館」の状況を見てきました。
前回見た時から約半年が経過して、鉄骨が最上階あたりまで組み上がっていました。



 
建物の本体は定禅寺通に対して斜めに建てられていますね。



 
向かって右側の上部には、建物本体の鉄骨よりも細い骨組みが乗っていますが、
この上には鉄塔が建てられます。現場に掲示してあった建築計画によると、
建物は7階建てで40.18mの高さですが、鉄塔の高さは99.38mになるそうです。



 
NHK新会館の北側で建設中の野村不動産のマンション「プラウド本町定禅寺通」が隣の合同庁舎と
並ぶほどの高さになっていましたが、14階建てなのでこれ以上は高くならなさそうです。




 
錦町公園の広い芝生側から撮影。仙台市内では比較的早く桜の花が咲く公園ですが、
撮影した3月最終週の時点では、まだ蕾が赤く色づいて膨らみだした程度でした。
暖かい日が続けば一気に花が咲きそうですね。



 
南側から撮影。このあたりは斎藤報恩会館があった場所です。
公園側から見るよりも近いせいか、建物の大きさを感じさせます。



 
仙台ではNHKの他に、東日本放送が現在の青葉区双葉ケ丘から太白区の再開発地区「あすと長町」への
移転計画を発表、ミヤギテレビも移転の検討を始めたと報道されました。そのなかでもNHKの計画は
震災の映像アーカイブスが利用可能な施設や公開スタジオの整備などで注目を集めています。
NHK新仙台放送会館は、来年5月に完成予定です。








このページの最初へ
前のREPORTへ 話題の現場TOP 次のREPORTへ



SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO