三神峯公園
仙台市の南西部、太白区三神峯にある公園で、付近一帯は縄文時代の集落遺跡が発見された場所です。
花見の名所として親しまれている公園内の桜の木は、大正時代から植え始められたもので、
今では33種類、約550本あり、ひとつの公園としては市内一の本数を誇っています。
また、公園内には以前、陸軍幼年学校、旧制二高、東北大学の学生寮などがありました。
現在、それぞれを記念した三つの石碑が、公園内に置かれています。




写真をクリックすると大きなサイズで見られます。

Back

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO