勾当台公園
仙台駅から地下鉄で北へ2駅目、定禅寺通と東二番丁通が交差する場所にある公園です。
藩政時代、伊達政宗に才能を認められた花村勾当という文化人の屋敷があったので、勾当台と名付けられました。
公園内は上下2段に分かれていて、その高低差を利用した人口の滝や池などがあります。
また、多くの彫像なども設置されていて、市民の憩いの場になっています。
以前は東二番丁通の交差点がクランク状になっていて、東二番丁通にハミ出すような出すような形でしたが、
道路の直線化にともなって東西ふたつの公園になりました。
東二番丁通を挟んだ西側のスペースは市民広場になっていて、多くのイベントなどが開催されています。




写真をクリックすると大きなサイズで見られます。

Back

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO